京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

歴史的人物解説

親鸞(1173〜1262)
親鸞肖像画

©真宗本廟大谷派(東本願寺)
鎌倉初期の僧。浄土真宗の宗祖である。

1173(承安3)年、京都・宇治にほど近い日野に生まれる。藤原(日野)有範(ありのり)の長男として生まれました。平安貴族の政治が終わりを告げ、源氏と平氏が争う武士の時代へと移行する頃の事です。

1181(養和元)年親鸞9歳の春に粟田口(京都市東山区)の青蓮院で出家得度し、範宴と名のりました。その後、20年間比叡山で修行に励みます。
比叡山での厳しい修行にも関わらず、親鸞は苦しみや悩みを乗り越える道を見つけることはできませんでした。1201(健仁元)年、六角堂(頂法寺)に参篭して出家修行に終止符を打つことを決意します。そして、東山吉水の法然(1155〜1225)の門に入り、「ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべし」という教えに出会い、本願念仏の道を歩みます。

念仏による平等の救いを説く法然のもとには、さまざまな身分や立場をこえた多くの人々が集まりました。
しかし、1206(建永元)年、興福寺による専修念仏禁止の動きにより、翌1207(承元元)年法然は土佐国(高知県)へ流罪となり、他の門弟たちも死罪や流罪に処せられました。親鸞(35歳)もまた藤井善信との俗名を与えられて越後国府(新潟県)に流罪となりました。
流罪を機に、親鸞は念仏の教えに活きる決意を新たにし、「愚禿釈親鸞(ぐとくしゃくしんらん)」と名乗ります。

5年後の1211(建暦元)年、赦免されますが暫くは越後にとどまり、1214(健保2)年、家族と共に関東へ移住します。下妻、小島、稲田(茨城県)などの関東各地に住み、約20年にわたって多くの人々に念仏の教えを語り伝えていきました。

その後親鸞は60歳を過ぎてから妻子とともに京都へ戻ります。
京都の人々への教化活動と同時に、関東に住んでいるときより書き進めていた『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』)の加筆推敲、『尊号真像銘文』や『三帖和讃』など最晩年に至るまで執筆活動を続けました。

1262(弘長2)年11月28日、90歳の生涯を閉じました。
念仏に生き、浄土の真宗をあきらかにし続ける一生でした。
言行録として唯円(1222〜89)による『歎異抄』が伝えられています。

参考文献:『真宗本廟 東本願寺』真宗大谷派宗務所出版部、『鎌倉・室町人名事典』草野顕之
東本願寺のページへ

京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.