京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

お店ガイド 価格はすべて消費税込みの価格です

黒船外観 お店までの地図 
TVチャンピオン優勝者プロデュース。一度味わったら忘れられない!
西本願寺のすぐ近く、龍谷大学から七条通をはさんだ道向かいに、味で勝負をしているお店があります。割引券ばやりのこのご時勢に一切そのようなものは配らず、味のみでお客を増やしています。
スープも麺も、そしてチャーシューも一度味わったら忘れられないラーメン店です。店内は落ち着いた雰囲気で、ラーメン屋によくある油ぎった感じはしません。
もともと麺屋黒船の本店はTVチャンピオン優勝者である森住氏(ちゃぶ屋店主)がプロデュースしたお店。妥協のない味作りで、他の店には無い特徴のあるラーメンに仕上がっています。
一度食べるとこの味が忘れられなくなり、常連客となってしまう人が多いそうです。サラリーマンの方が多く来店されますが、落ち着いた雰囲気で安心して食べられるため、一人で食べに来られる女性の方も増えています。

飲食 麺屋黒船 七条大宮店
〒600-8128
京都市下京区七条通大宮東入大工町124-6
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜23:00
定休日:無休
TEL/FAX:075-344-9620

お勧めメニュー醤油味のスープは、ダシに豚骨を使用していながらアッサリとした風味に仕上がり、知らず知らず最後まで飲み干してしまうおいしさ。
味噌味のスープも同じベースのダシを使っているのですが醤油味とは違った風味が味わえます。こちらは、他店の味噌味にはない独特の甘みが口いっぱいに広がります。
また、必ず味わっていただきたいのは叉焼(チャーシュー)です。口の中でとろけるようで、それでいてふわふわした感触もなく、しっかりと味わえます。お客様からよくお褒めの言葉をいただける、という話にも納得。 一番の人気メニューは、醤油麺(\600)、味噌麺(\650)。おすすめメニューは、醤油叉焼麺(\850)、味噌叉焼麺(\900)。関西では珍しいつけ麺(\750)もあります。
ラーメン  交通:市バス七条堀川バス停より西へ、七条大宮バス停より東へどちらも徒歩3分 店内写真



とんかつ一番外観 お店までの地図 
手作りの味にこだわった、京都のとんかつ老舗
京都の七条大宮より少し狭い路地に入り込み、京都の路地裏を歩いていくと、赤い大きなちょうちんを見つけることができます。それが、とんかつ一番です。地元の方々と、学生たちに昔から支持されてきた、隠れた老舗です。
最近では、口コミ、ホームページ等で噂も広まり、遠来からのお客様も珍しくなくなったとか。ただ、裏通りの静かな場所にあるので、よく地図を見て行かれることをお勧めします。団体で来店される場合、20名ぐらいまでは2階の座敷で受け入れ可能です。
一階では威勢のいい店員さんの声につつまれながら。2階のお座敷では喧騒から離れ、静かで家庭的な雰囲気の中、お食事ができます。
お料理は、老舗だけにデミグラスソースもとんかつソースも手作りです。肉も冷凍されていない素材を使用しているため、とてもフレッシュ。また、定食メニューは大変お得な価格設定になっており、京都の各お寺のお昼の出前に大変好評です。

飲食 とんかつ一番
〒600-8265
京都市下京区黒門通木津屋橋上る
営業時間:昼11:00〜14:00/夜17:00〜20:30
定休日:毎月第2・第4・第5日曜日
TEL:075-371-0722

お勧めメニュー50年もの歴史を誇るとんかつ一番はメニューも豊富で、初めて行くと必ずどれにしようか迷うほどです。
その中でも一番のお勧めは、ソースかつ丼(\650)です。大きなお膳に、ご飯、野菜と大きなとんかつが乗り、お店手作りのとんかつソースがかけられた、お店のご主人もお勧めの一品です。
ソースかつ丼  交通:JR京都駅から徒歩15分。七条通を西に進んで大宮通を南へ行き、一筋目の狭い小路を東へ。そして三叉路となっている一筋目を南へ行くと右手にお店があります。 店内写真



里木知工房外観 お店までの地図 
オイル塗装のむくの一枚板テーブルを販売
七条通の一画に素敵なお店を発見。むくの一枚板を使用して作る専門家具店です。
むくの一枚板とは、つぎはぎなしの一本の木から仕上げた厚みのある板という意味。
高級家具として京の人々に密かに支持を広げています。
お店のご主人にお話を伺ったところ、買いに来られるのはお子様連れの30代の若いご夫婦が中心とのこと。
家を購入されたときに、居間の中心に一枚板のテーブルを配置し、そこから家のインテリアを組み立てられている場合が多いのではないでしょうか。
お店の中の一枚板テーブルが陳列されているフロアは、まさに壮観。お客様もどれにしようかと迷われ、2度3度と足を運ばれてから決められることが多いそうです。
オイル塗装のむくの一枚板は、呼吸をしているのでメンテナンスが必要で、じっくり説明を聞いてからご購入いただきたいとのことでした。

インテリア 里木知工房(りきちこうぼう)
〒600-8268
京都市下京区七条大宮東入南側
営業時間:9:00〜19:00
定休日:無休(年末年始、お盆は休み)
TEL:075-361-0176 / FAX:075-361-0178

お勧め商品お店のほとんどの一枚板はオイル塗りであるため、木の保存が良く、木目が際立つのが特長です。
お店のご主人によると、当初は老夫婦が来られるかと思われていたそうですが、実際のご購入の中心は30代のご夫婦。若い年代の方にも支持されていることが、よくわかります。
里木知工房のテーブルは、フローリング使用の部屋にも映えるため、マンションのリビングのインテリアにも最適です。大事に使うと一生物の家具に使えるため、何回も見に行って説明をよく聞かれ、ご検討を十分されることをお勧めします。
一枚板テーブル  交通:市バス七条大宮より徒歩5分 店内写真


紹介スポットへ 戻る


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.