京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

お店ガイド 価格はすべて消費税込みの価格です

治兵衛窯 お店までの地図 
楽しい話を聞きながら伝統の技を習う

実印や銀行印の材質として最も最適なのは、陶磁器だといわれています(高温での加熱の影響で、焼く前とは収縮し、全く同じものはできない特徴があるためです)。ここ「治兵衛窯」の窯元は、その陶磁印・篆刻(てんこく)や風鎮(ふうちん)で有名な京都五条坂「治兵衛」の十五代目。伝統的な作風を受け継ぎ創作するだけでなく、広く一般の方々にも陶器の良さを体験してもらうべく、ここ亀岡の地で活発に活動されています。

特に代表的な作品は、陶磁器の「風鎮(ふうちん)」。掛け軸の両下端に下げるおもしです。風鎮を扱う問屋なら、全国ほとんどの会社が「治兵衛」の作品を扱っているほど。また先々代は、日本随一の篆刻(てんこく、印材に字を刻すること)の匠でした。その引き継がれた技術や字体の豊富な資料を元に、ここでしか制作できない印を使って模様を描く陶芸作品を制作。珍しい篆刻の体験教室も行っています。

「治兵衛窯」のある場所は、丹波亀岡「湯の花温泉」のすぐ近く。窯元の前の道は春の桜並木、秋の紅葉など季趣あふれるところです。その道を朝日山のほうに向かえば、歴史ある名刹「神蔵寺」に至ります。この風光明媚な場所で創作された作品は、「治兵衛窯」ホームページで購入することもできます。

体験教室伝統工芸 治兵衛窯
〒621-0033
京都府亀岡市ひえ田野町佐伯下峠1-6
営業時間:10:00〜17:00
※ 土・日・祭日に予約がない場合は休み
TEL/FAX:0771-25-4116



お勧め体験
『陶芸に興味はあるけれど、なんだか難しそう』そう思っておられる方も多いはず。そんな方は、「亀岡ふれあい体験-神蔵寺散策と陶芸体験」(神蔵寺で食事の場合、\5,000)にまずは参加してみて下さい。窯元の楽しい話を聞きながら、皆で和気あいあいと作り上げることができます。陶芸体験だけでなく、神蔵寺の宝物拝観や付近の散策も楽しめ、地元料理も食せます。

陶芸体験としては、「治兵衛窯」での「手びねり体験」(1人\2,500、材料費・窯代込)も。気軽に自由な作品作りが楽しめます(予約は2名から)。

そして、もっと陶芸を習いたいと思った方は、「治兵衛窯」での陶芸教室に行きましょう。詳細は「治兵衛窯」にお問合せ下さい。

気さくな人柄の窯元ならではの楽しい体験教室。あなたも創作する楽しさを体感してみませんか?
    窯元制作の作品例               窯の前に並べられた焼き上げ前の作品
交通
亀岡市ふるさとバス グリーンハイツ口バス停から徒歩約1分
(JR亀岡駅より京阪京都交通バスに乗車。国道佐伯バス停
で乗り換え)。
JR亀岡駅よりタクシーで約15分。
京都縦貫自動車道 亀岡ICより車で約10分。


紹介スポットへ 戻る


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2007-2009 Office Creates All Rights Reserved.