京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

京都駅ビル

駅の顔



大階段から見下ろしたコンコースの吹き抜け空間。幅29m、長さは147mあり、4000枚ものガラスで覆われている。 鉄骨とガラスの天井

大空広場  晴れた日には大阪エリアまで見渡せる大空広場。

 
京都駅ビル

平安建都1200年事業の一貫として、1993年から1997年までの4年をかけて建設された複合商業施設。
地上16階・地下3階建てで、高さ59.8m、長さは東西に470m、幅は南北に60〜80m。
鉄骨とガラスでできた開放的なアトリウムと、京都盆地をイメージさせる中央コンコースが特徴。この駅ビルのデザインは、日本と海外の著名な建築家7人の中から競技により選考された、原廣司氏の案によるものです。

JR・近鉄・新幹線の各駅にホテルグランヴィアとジェイアール京都伊勢丹が並び、駅前にはバスターミナルもある事から、それぞれの利用客で日々賑わいを見せています。
駅ビルの各所に配置された広場などにもそれぞれ特徴があり、特に中央コンコースから伊勢丹側にエスカレーターで上がっていくと見える大階段は、扇状に上部へ向かい、その長さと広さには圧倒させられます。休日ともなれば、カップルや家族連れなどがこの大階段をベンチがわりにして座っている姿がよく見られ、また、階段下の室町小路広場では時折イベントも開催されているので、そういった時はまるで野外劇場さながらの光景となります。
大階段を上がると大空広場があり京都市内がぐるりと見渡せるので、買い物などで駅ビルに来た時は、大空広場でひと休みしながら市内を展望…といった楽しみ方もあり。


所在地  京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
URL http://www.kyoto-station-building.co.jp/top/list.cgi


広がりのある空間。下から見上げると、盆地の様な構造をしているのがよく分かる。  コンコース


このスポットを訪れた感想を投稿する



周辺おすすめ店鋪は こちら


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.