京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

京都タワー

タワー外観



展望台より京都タワー展望室から見た風景。 




地上100mの位置にある展望室。 展望室

 
京都タワー

京都のシンボルともいえる建築物の一つです。
京都駅から一歩出ると、まずこの建物を見上げてしまう人も多いのではないでしょうか。

京都タワーが開業されたのは1964(昭和39)年12月28日。塔頂までの高さは131mあり、下にあるタワービル(地上9階、地下3階建て。地上からの高さは31mあります)の屋上から展望室までの高さは100mあります。

ロウソクをイメージした外観と、特殊鋼の円筒を溶接で繋ぎ併せ、鉄骨の骨組みは一切使用しない『応力外皮構造』という、飛行機や船の構造、カニやエビの甲殻と同じ仕組みで建てられているのが特徴で、薄い外皮(殻)が力を受け止めて全体を支えるので、台風や大きな地震にも耐えられます。

タワーの下にあるタワービルにはホテルや名店街など各種店鋪があり、タワーに登って京都の街並を楽しんだ後、名店街で京都のお土産物を購入したり、地下3階の大浴場で疲れを癒すこともできます。


展望台営業時間 9:00〜21:00(年中無休)
展望室展望券大人770円
高校生620円
小・中学生520円
幼児(3才以上)150円
タワー大浴場営業時間 7:30〜20:30(年中無休)
大人750円
小人450円



地上100mの位置にある展望室は、京都市内がぐるりと一望できる。  展望室からの景観2


このスポットを訪れた感想を投稿する



周辺おすすめ店鋪はこちら


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.