京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

東寺

五重塔

日本で最も高い塔である五重塔。



金堂

延暦15(796)年に創建されたと伝えられている金堂。
室町時代に一度焼失し、現在の金堂は慶長8(1603)年に豊臣秀頼が再建。
安置されている薬師如来と日光・月光菩薩は重要文化財に指定されている。



住所 京都市南区九条町1番地
TEL 075-691-3325(代)
FAX 075-662-0250
拝観時間 8:30〜17:30(3/20〜9/19)
  8:30〜16:30(9/20〜3/19)
定休日 年中無休
一般拝観料 大人500円/高校生400円/
  小人300円
交通 近鉄東寺駅下車徒歩5分
  市バス 東寺東門前下車


 
弘法大師が建てた五重塔

京都の風景を思い浮かべる時、東寺の五重塔を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

延暦13(794)年、桓武天皇が奈良から長岡京を経て平安京へと都を遷都した際、平安京鎮護のために、都の南の入り口である羅城門を挟んで東西にお寺を建造しました。この東側のお寺が東寺です(西側にあったとされる西寺は焼失して現存しておらず、跡地は史跡となっています)。

弘仁14(823)年、嵯峨天皇より、空海(後の弘法大師)に東寺が下賜され、五重塔や諸堂が造営され、真言密教の根本道場とされました。この頃に修せられた鎮護国家・万民豊楽を祈る仁王護国経が、『教王護国寺』という東寺の正式名称の由来となっています。

平安の時代から、建造されたままの場所に現在もある東寺は、国の史蹟として指定されているだけでなく、世界文化遺産として登録もされています。

国宝に指定されている五重塔は空海によって着工されましたが、完成までには50年近くかかったといわれています。落雷などの火災で幾度も焼失と再建をくり返し、現在我々が目にしている塔は5代目にあたるもので、徳川家光により寛永21(1644)年に再建されました。
その高さは総高57メートル。日本最高の塔です。
五重塔は落雷での焼失が記録にあるものの、地震での倒壊は記録にありません。これは五重塔が耐震構造になっているからで、創建された頃より変わらないその構造に、創建当時の高い技術力が感じられます。

五重塔正面にある庭を挟んだ斜め側、ちょうど東寺の中央にあたる位置には講堂と金堂が並んでいます。
金堂は五重塔と同じく国宝に指定された東寺一山の本堂であり、講堂は空海によって創建されたもので、内部には大日如来を中心とした21尊が、密教の教えを表現するように立体曼荼羅として安置されています。

東寺では空海入寂の3月21日を期して、毎月21日に御影供が行われますが、その日に立つ縁日が『弘法市』(通称『弘法さん』)と呼ばれています。
もともと参詣に訪れる数多い一般庶民の人々のために出されていた一服一銭の茶店が原形だといわれていますが、現在では多数の露天が立ち並ぶ大きな縁日となっています。


講堂

講堂の外観。内部中央にある五智如来は重要文化財で、周囲の15尊までは国宝に指定されている。中でも不動明王像は日本で最初の明王像で、空海上人の自作であると伝えられている。



このスポットを訪れた感想を投稿する



周辺おすすめ店鋪はこちら

スパイスショップ クマリ
本場のスパイスをお探しなら、こちらのお店がお勧め。店内には、メイン商品であるスパイスや食材だけでなく、民芸品(人形や敷物など)、衣類(サリーなど)、音楽CD、他スリランカから直輸入した商品がいっぱいです。また、スリランカ出身の陽気な店長の話ぶりにより、よりいっそう異国情緒に浸れます。

京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.