京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

なにわの海の時空館

建物外観

ドームまでの海中道
エントランス棟から海に浮かぶドームまで、約60メールの海中道が続きます。

浪華丸
全長約30メートルの菱垣廻船「浪華丸」。

海に浮かんで見えるガラスドーム

「なにわの海の時空館」のドームの大きさは、直径が約70メートル、高さが約35メートル。約4208枚のガラスで覆われている建物は、フランス人建築家のポール・アンドルーにより設計されました。

神秘的な海中トンネルを抜けると、菱垣廻船(ひがきかいせん)「浪華丸」が館内のドーム中央に展示されています。この浪華丸は実際に風力だけで大阪港を走ることができる、実物大に復元された船です。

この船は江戸時代、大坂で始まったとされる海運物流業の船として、日常物資の運送に使われていました。船の囲いの下方に「菱形の装飾」があることから、菱垣廻船と呼ばれるようになりました。この船の上では、「ちょんまげ頭」をした船乗りさんが浪華丸を案内してくれます。

館内には、海がつなぐ世界の文化、大坂みなとの繁栄、船、海への誘いというテーマで様々な展示物があります。

開館時間:10:00〜17:00(時季により変更あり)
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)
入場料:大人(高校生以上)600円。
アクセス:大阪市営地下鉄中央線OTS線コスモスクエア駅より徒歩7分。市営地下鉄四つ橋線ニュートラムテクノポート線トレードセンター前駅より徒歩7分。
ホームページアドレス:http://www.jikukan.or.jp/
撮影協力:『なにわの海の時空館』

大阪ベイエリアの地図

川浚えの体験
当時の大坂みなとに堆積する土砂を取り除く作業を体験できます。
  帆を上げる船乗り
菱垣廻船「浪華丸」の船内は広く、当時は船乗りさんが航海中に、ここで寝泊まりをしていました。


このスポットを訪れた感想を投稿する



周辺おすすめ店鋪


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.