京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

西陣織会館

西陣織会舘外観黒い外観が特徴的な西陣織会舘。
周囲にはこのような外観のビルが無い為、遠くからでも一目でその場所が分かる。
 




西陣織実演

館内二階展示場で、職人の方がジャガードの機(はた)織りを実演している様子。
この他にもビロード織や絣(かすり)織、綴(つづれ)織など様々な機織りの実演を間近に見る事ができる。





きものショー

一日6〜7回、1階ホールにて行われるきものショー。
着付体験で、きもの・十二単・舞妓・芸妓のきものを着た一般見学者も、きものショーに参加する事ができる。




きもの体験(要予約)

舞妓衣裳・芸妓衣裳
・十二単
 各10,000円(税込)
■写真1枚付
束帯 10,000円(税込)
■写真1枚付
小紋きもの(外出可) 3,600円(税込)
16時まで外出可
小紋きもの(館内限) 2,600円(税込)
■館内のみ

■きものショーに舞妓・芸妓姿、十二単、着物姿で参加できます(要予約)。



手織体験(要予約)

一般料金   1,800円
団体料金(15名以上)1,600円
学生料金   1,500円
団体料金(15名以上)1,300円



住所 京都市上京区堀川通今出川南入る
TEL 075-451-9231
営業時間 9:00〜17:00
休館日 年末年始(12/29〜1/3)
交通 JR/京都駅から市バス9系
堀川今出川下車
  京阪電車/三条駅から市バス12系・51系・59系
堀川今出川下車、徒歩3分
URL http://www.nishijin.or.jp/



 
世界に知られる日本の伝統工芸

西陣織会館は、大正4(1915)年に西陣織物館として創立されました。
黒い外壁の珍しい建物として知られていますが、現在知られている建物は昭和51年に移転されたもので、創立当時の建物は、現在京都考古資料館として利用されています。

西陣がその名で呼ばれ始めたのは、15世紀中頃に起こった応仁の乱(1467〜1477)の折、現在の西陣あたりに陣が置かれた事が由来となっています。
応仁の乱の後、その地域に絹織物の職人が集まり、やがて西陣という呼び名が定着していきました。

西陣織とは西陣で織られた絹織物の総称ですが、絹織物の歴史は5〜6世紀にまで遡り、桓武天皇によって平安京が遷都される以前の山城の地(京都盆地のあたり)を開拓した、帰化人である秦河勝(はたのかわかつ)という豪族によって養蚕と絹を織る技術が伝えられたのが始まりといわれています。
養蚕と織物の技術が伝えられて以降、絹織は盛んなものとなり、応仁の乱の後、西陣織と呼ばれる様になってからも、様々な発展を遂げていきました。現代では、西陣織は日本を代表する織物の一つとして、広く世界に知られています。

西陣織会館の中では、一般の方にも分かりやすく機織りの道具が展示されていて、実際に現役職人の方がそれらを使い作業をする実演を間近で見学できたり、手織りの体験をする事ができます。
着物の着付け体験もあり、舞妓や芸妓、十二単などの衣裳を着る事ができて、小紋や浴衣などを着用して外を散策する事も可能です。
また、会館1Fホールでは一日に6〜7回きものショーが行われ、着付け体験で着物を着た人も、ショーに気軽に参加できる様になっています。

京都、ひいては日本を代表する織物でもある西陣織を見たり触れたりする事で、より身近なものに感じる事ができる体験型の施設です。
 
 
 
 
機織体験会舘内売り場

(左)実際の機織り機よりも小さなミニ手織機でできる、手織体験。出来上がった作品は、持ち帰る事ができる。
(右)館内2階にある産地直売ショップ。西陣織を使った土産物が多く、帯、ネクタイ、財布や鞄など様々なアイテムが揃っている。




きものショー上演時間(無料/所要時間15分)

 通年  10:00〜/10:50〜/11:45〜/13:15〜/
14:15〜/15:15〜/16:00〜

■200名以上の団体様による特別公演を希望される場合は有料となり
別会場にて承ります(上演時間は14:30から)。


西陣織会舘までの地図







このスポットを訪れた感想を投稿する



周辺おすすめ店鋪


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2012 Office Creates All Rights Reserved.