京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

大阪城天守閣

大阪城天守閣

大阪城天守閣外観。その偉容は、大阪を代表するにふさわしい姿である。
平成9年の大改修で震度7の地震にも耐えられるようになり、エレベーターの延長、自動ドアの設置などが行われ、車椅子でも最上階の展望台へ出られるようになった。




からくり太閤記

7階部分にある「からくり太閤記」ジオラマの一場面。
ミニチュア模型の中を秀吉が動き、その一生を順に追うことができる。約30〜40分で全ての場面を観ることができる。




ミニチュア夏の陣

5階部分にある「ミニチュア夏の陣」の一部。
『大阪夏の陣図屏風』に基づき、真田幸村隊(158隊)と松平忠直隊(149隊)の激戦をミニチュア人形(1/20スケール)で再現している。
それぞれのフィギュアは屏風の登場人物を一人ひとり精巧に復元している。




豊臣秀吉銅像

4階部分にある「豊臣秀吉銅像」。1915年天岡均一作。
天岡均一は明治・大正期に活躍した大阪の彫刻家で、大阪・難波橋の石造ライオン像の作者でもある。3・4階部分は写真撮影禁止となっているので注意。




シアタールーム

1階部分エントランスホールにある「シアタールーム」。
豊臣秀吉と大阪城に関する番組5本を、日本語・英語・中国語・ハングルの字幕つきで上映している。

 
歴史ロマンが息づく
大阪の象徴

豊臣秀吉の栄華の象徴として知られる、大阪のシンボル・大阪城。初代天守閣は、1583年本願寺跡に秀吉の手によって築城工事に着手され、三国無双と評される豪壮な城郭が完成しました。

しかし、1615年の大阪夏の陣の兵火で全焼。夏の陣後、将軍・徳川秀忠が大阪城の再築工事を行わせ、1626年に2代目の天守閣が再建されましたが、わずか39年後に落雷のため天守閣が焼失してしまいました。1931年に大阪市民の熱意によって鉄筋鉄骨コンクリート造り、地上55mの天守閣が再建。そして、太平洋戦争でも天守閣は損壊を逃れ、市民に親しまれてきました。

現在の天守閣は、1997年、平成の大改修と呼ばれる改修工事によって生まれ変わったもので、外壁の塗り替えや装飾部品の修復、金箔の押し直しなどによって、白壁と金箔の輝きで彩られた美しい姿が甦りました。エレベーターを利用して車椅子での展望台へ出られるようになり、歴史博物館としても充実した設備を備えています。

1階のエントランス部分には豊臣秀吉と大阪城に関する番組が上映されるシアタールーム、2階部分には大阪城や城全般についてのパネル展示、3・4階部分には歴史資料の展示などがあります。5階部分には、「大阪夏の陣の図屏風」から再現されたミニチュア夏の陣があり、屏風絵に登場している武士達307体が、そのままミニチュア人形として甦っています。7階部分には、豊臣秀吉の生涯をジオラマで描いた「からくり太閤記」があり、ミニチュア模型の中を秀吉が動き、その一生を振り返ることができます。そして最上階の8階部分の展望台からは大阪が一望でき、歴史のロマンの風を肌で感じることができます。

大阪の象徴とも言える大阪城。観光客や校外学習の生徒達で賑わうスポットですが、歴史を刻む博物館として、何度でも足を運びたくなる施設でもあります。


〒540-0002 大阪市中央区大阪城1-1
TEL:06-6941-3044
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
     例年、GW・夏期夜間開館を実施
休館日:12/28〜1/1
入館料:大人600円
    中学生以下無料
    15人以上は団体割引あり
交通:地下鉄谷町線・京阪電鉄/天満橋駅より徒歩20分
   地下鉄谷町線・中央線/谷町四丁目駅より徒歩15分
   地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線・JR環状線/森ノ宮駅より徒歩20分
   地下鉄長堀鶴見緑地線/大阪ビジネスパーク駅より徒歩20分
   JR環状線/大阪城公園駅より徒歩15分
   JR東西線/大阪城北詰駅より徒歩15分
   市バス/大手前停留所、馬場町停留所より徒歩15分
   水上バス/大阪城港より徒歩15分

http://www.osakacastle.net/


 
兜体験試着
 
  土・日・祝日、そしてイベント開催期間中は、兜、陣羽織の体験試着ができる(300円)。

 
 
大阪城地図
 




このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.