京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

清水寺

清水寺舞台

清水寺本堂。いわゆる「清水寺の舞台」として知られ、林立する高い束柱に貫を縦横に通して豪快な姿を見せている。




仁王門

清水寺の正門で、応仁の乱後に再建された。
平安時代の名書家・藤原行成の筆と伝えられる「清水寺」の額を掲げ、両脇間に京都における最大級の仁王像を安置している。




音羽の滝

音羽の滝。音羽の山中から湧出する清泉が流れ出たもので、昔より名水として有名。
音羽の滝には、不動明王が祀られている。




百体地蔵堂

釈迦堂と阿弥陀堂との間の奥に建つ百体地蔵堂。
子どもを亡くした親たちが、 子どもそっくりの地蔵を探しあてて崇拝を厚くし、夏の地蔵盆会に賑う。

 
世界遺産の「清水の舞台」

清水寺は、奈良時代の末、宝亀9年(778)に奈良子島寺の延鎮上人が音羽の滝上に観音様を祀ったことに始まり、延暦17(798)年には坂上田村麻呂が仏殿を建立して桓武天皇の勅願寺になったと伝えられています。

創建後何度も火災によって焼失しましたが、その都度再建され、現在は西門・三重塔・経堂・田村堂・轟門・朝倉堂・本堂・阿弥陀堂が東西に並び、そのほか周囲に仁王門・馬駐・鐘楼・北総門・釈迦堂・奥の院・子安塔・鎮守堂、そして鎮守社の地主神社が建っています。

清水寺の名前の由来は境内にある音羽の滝にあり、その水は音羽の山中より湧出する清泉で、金色水とも延命水ともよばれ、わが国十大名水の筆頭にあげられています。

伽藍の中心となる、いわゆる「清水の舞台」は寛永10(1633)年に再建されたものですが、仏堂である石敷の内陣と礼堂である板敷の外陣からなる本体に裳階、正面庇、翼廊、舞台がつくという平面や、その全体に寄棟造・檜皮葺の大屋根をかける架構は、平安時代からの形を受け継ぐものです。

京都の観光スポットの代表としてあまりにも有名な清水寺。毎年夜の特別拝観も行われているので、その時期に訪れてみるのもいいでしょう。


〒605-0862 京都市東山区清水1丁目1
TEL 075-551-1234
交通:    阪急電鉄/河原町駅より徒歩20分
       京阪電鉄/五条駅より徒歩25分
       京都市バス、京都バス、京阪バス/
        清水道停留所、五条坂停留所、東山五条停留所より徒歩10分
拝観料:   大人300円、小・中学生200円
通年拝観時間:6時〜18時

http://www.kiyomizudera.or.jp/index.html


 
三重塔
 
  仁王門をくぐった右手にある三重塔。承和14(847)年に創建されたと伝えられる。現在の塔は寛永9(1632)年の再建で、日本最大級の規模をもち、三間四方、高さ29.7mに達する。昭和62(1987)年に解体修理、彩色復元がなされた。

 
 
清水寺地図
 




このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2004-2009 Office Creates All Rights Reserved.