京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

八坂庚申堂(金剛寺)

八坂庚申堂正門

八坂通の坂道に面した八坂庚申堂正門。
写真の左方向(坂道を上る方向)には、「八坂の塔」が目の前に望める。




八坂庚申堂本堂

正面から見た八坂庚申堂本堂。
現在の本堂は、江戸時代・延宝6年(1679年)に再建された。
たくさんの『くくり猿』が掛けられている衝立(ついたて)の前に、庚申さんのお使いの『見ざる言わざる聞かざる』3匹のお猿さん(三猿)の像がある。




賓頭盧尊者(びんづるそんじゃ=おびんづるさん)の木像

境内ほぼ中央にある賓頭盧尊者(びんづるそんじゃ=おびんづるさん)の木像。
賓頭盧尊者は、お釈迦様の弟子で神通力第一と言われている十六羅漢の1人。古代よりなで仏として人々に親しまれている。
腰痛の人は腰、頭痛の人は頭、縁結びを願う人は手、など願うところをなでて拝むと良いそうである。




願いを託すお守り『くくり猿』

『くくり猿』は、お猿さんが手足をくくられて動けない姿を表したもの。欲のままに行動するお猿さんの姿を人間の欲望にたとえてあり、人間の中にある「欲望」が動かないように、庚申さんによってくくりつけられている。

願い事をかなえようと努力している時、それを妨げるかのごとく欲望の心が沸き起こる。その欲望をくくりつけ、庚申さんにコントロールしてもらうためのお守りである。
『くくり猿』に願いを託してそれをかなえる秘訣は、欲を1つ我慢することだとか。

『くくり猿』の体内には御本尊青面金剛のお札が納められ、開眼の秘法によって魂が込められている。1つ1つが真心を込めた手造りである(大/小、どちらも1個\500)。














平成18年の庚申日

平成18年1月31日:一の庚申
平成18年4月1日:二の庚申
平成18年5月31日:三の庚申
平成18年7月30日:四の庚申
平成18年10月3日:五の庚申
平成18年12月2日:納め庚申

※庚申日の朝から翌朝まで「庚申待ち」が行われます。
※上記行事日には、開基・浄蔵貴所由来の『こんにゃく炊き』の接待があります。

 
日本最初の庚申信仰の霊場
八坂の庚申さん

「八坂庚申堂」の正式名称は『大黒山金剛寺庚申堂』といい、大阪四天王寺庚申堂、東京入谷庚申堂(現存せず)と並び日本三庚申の1つです。

御本尊『青面金剛(しょうめんこんごう)』は、もともと、聖徳太子の時代に活躍した秦河勝により中国大陸より招来し、秦氏の守り本尊としていたもの。1000年以上前の平安時代に、このお寺の開基である浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)が、この御本尊を庶民もお参りできるようにとここ八坂の地に建立したのが、「八坂庚申堂」の開山の由緒です。
以後、日本最初の庚申信仰の霊場として信仰を集めてきました。

「庚申(こうしん)」とは、干支(えと)、つまり庚(かのえ)申(さる)の日のことです。中国由来の道教の言い伝えでは、この前夜に、人間の体の中にいる三尸(さんし=3匹)の虫が寝ている間に体から抜け出して、天帝という神様にその人間の行った悪行を告げ口に行くそうです。天帝は、罰としてその人間の寿命を縮めます。それを防ぐために、庚申日の夜は寝ないで徹夜するという「庚申待ち」という風習が行われていました(三尸の虫は、人間が寝ている間しか体を抜けられないため)。

『青面金剛』は、この三尸の虫を食べると考えられていたので、いつの頃からか「庚申待ち」には、この仏様を本尊として拝む風習(=庚申信仰)が広まり、『青面金剛』は『庚申さん』と呼ばれるようになりました。
この日、睡眠をささげて一晩一心に願い続ければ如何なる願いもかなうとされています。

「八坂庚申堂」は、難病・奇病を封じこめる祈祷「コンニャク祈祷」(下の写真説明参照)や、下の世話にならず元気に過ごすための祈祷・帯下の病平癒の祈祷「タレコ封じ」、家出人・行方不明・失せ物を引き寄せる「鈎召祈祷(こうちょうきとう)」他、霊験あらたかなご祈祷でも有名です。
数年前、米潜水艦との事故によりハワイ沖で沈んだ『愛媛丸』は、この「鈎召祈祷」をした翌日に海底に沈んでいるのが見つかったそうです。

「庚申待ち」の夜や庚申日は、昔も今も多くの参拝の人々で賑わう「八坂庚申堂」。付近の民家や商店の軒先には、この寺のお守りである『くくり猿』が軒先にたくさん掛かっている風景にも出会えます。


〒605-0828 京都市東山区金園町390
TEL:075-541-2565

交通:市営バス/清水道停留所より徒歩約5分。京阪電鉄/四条駅、五条駅より徒歩約15分。

拝観時間:9:00〜17:00
拝観料:境内自由
休日:無し

ご祈祷や行事、各種お守りの詳細については、「八坂庚申堂」ホームページでご確認下さい。

http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/


 
「コンニャク祈祷」の様子
 
  「コンニャク祈祷」のご祈祷の始まりの様子。さまざまな病気や願い事をコンニャクに封じこめる庚申堂独特の祈祷法である。開基・浄蔵貴所由来の秘法で、御加持されたコンニャクの包みは、枕元などに吊り下げて祈願する。

 
 
ご祈祷中の本堂内
 
  ご祈祷中の本堂内。正面中央には、御本尊『青面金剛』の像。左手には、地蔵菩薩や聖徳太子などの像。右手には、不動明王や大黒天などの像。一番右に見えるのが、開基・浄蔵貴所の像である。

 
 
八坂庚申堂地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2005-2009 Office Creates All Rights Reserved.