京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

船岡山

船岡山公園の広場風景

船岡山公園の広場風景。
写真の右手奥に、船岡山の山頂がある。




山頂から見晴らす京都の町並み

山頂から見晴らす京都の町並み(南側の眺望)。
平安京建設途中にここに立った古人は、完成していく壮大な都の風景が眺められたことだろう。




山頂の磐座

古代の祭祀の痕跡ではないかといわれている山頂の磐座。
山頂より一段下がって見上げると、巨大な岩盤であることがわかる。




中腹にある空堀

中腹にある空堀。
船岡山が洛中への北の入り口にあたることから、中世には山城が築かれた。空堀は、その痕跡。




健勲神社東参道入り口鳥居

船岡山の南東部の麓にある健勲神社東参道入り口鳥居。
御祭神は、織田信長公。

 
平安京の北の基点
史跡と自然が残る小山

船岡山は、京都市の紫野(船岡山から大徳寺周辺一帯)にあり、標高112m(山頂にある三角点で111.89m)、面積25,000坪の丘陵です。その地形が船に似ていることから、古来、船岡と呼ばれました。

平安京が定められる際、ここが北の基点となり、この山の真南に大極殿が建てられ、都の中心軸として朱雀大路が造られたといわれています。
これは、陰陽五行思想・風水思想に基づいて、この山は大地の力が溢れでる玄武の小山である、とされたためのようです。『三大実録』などの書物には、平安時代の初期には祭祀の場として記録され、この山は聖地として認識されていたようです。不確かですが、山頂にはその祭祀の痕跡ではないかといわれている磐座(いわくら)があります。

平安期の王侯貴族からは散策の地として愛され、若菜摘み、わらび採りに興じる清遊の地として、多くの和歌が残されています。清少納言も『枕草子』に「丘は船岡…」と讃えています。

平安時代中期以降は、付近一帯が葬送の地となったようです。山腹には石仏が散在し、その名残ではないかともいわれています。保元の乱で敗れた源為義らが処刑されたのもこの山の麓だとか。

中世になると、戦略上の要所としてこの山に山城が築かれました。応仁の乱の際には西軍がここを陣地にしたため、船岡山周辺一帯がその後「西陣」と呼ばれるようになります。中腹に300mにわたって現存する空堀は、中世の山城の痕跡です。

船岡山の南東部分には、建勲神社(たけいさおじんじゃ、通称:けんくんじんじゃ)があります。御祭神は、織田信長公です。もともと、本能寺の変の後に豊臣秀吉が正親天皇の勅許を受け、船岡山を主君織田信長の廟所と定めていたのですが、明治天皇が明治2年に創建し明治13年にこの山の中腹に神社が建立されました(明治43年に現在の山上の場所に移る)。

船岡山は、織田信長の廟所とされたこともあり自然がそのまま残され、京都盆地特有の樹相が良く保たれています。樹種が極めて多く、帰化植物がほとんど入りこんでいない京都市内で数少ない貴重な森です。特に建勲神社境内はうっそうとした森が残っています。

また、船岡山の北西部分は船岡山公園として昭和10年に開設され、市民の憩いの場所としても親しまれている場所です。

<所在地>
船岡山公園:京都市北区紫野北船岡町42他
建勲神社:京都市北区紫野北船岡町49

<問い合わせ先>
船岡山公園:京都市建設局水と緑環境部緑地管理課
TEL:075-222-3586、FAX:075-212-8704

建勲神社 TEL/FAX:075-451-0170
(参拝は自由)

<交通>
市営バス船岡山より徒歩すぐ。市営バス建勲神社前より徒歩2〜3分。


 
山頂付近から見た左大文字
 
  山頂付近から見た左大文字。
船岡山は、大文字・妙法・船形・左大文字が一望できる大文字五山の送り火の絶好の観賞スポットでもある。


 
 
船岡山地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2005-2009 Office Creates All Rights Reserved.