京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

半木の道(なからぎのみち)※写真リニューアル(2007年4月)

半木の道、散策路途中の様子

半木の道、散策路途中の様子。
右側(川側)は自転車・歩行者共用の道で、左側は歩行者専用の道となっている。
(撮影:2007年4月5日)




賀茂川対岸から望んだ半木の道

賀茂川対岸から望んだ半木の道。
左岸(川の東側)の堤防に沿って散策路が続いている。
散策路の奥は、京都府立植物園の林。




歩行者専用の散策路の様子

歩行者専用の散策路の様子。
自転車・歩行者共用の道で河川敷を眺めながら散策するのも良いが、落ち着いた雰囲気を感じながら歩行者専用の道を歩くのも良い。




紅枝垂桜(べにしだれざくら)のトンネル

紅枝垂桜(べにしだれざくら)のトンネル。
800mほど続いていて、地元の人々に人気の花見のスポットである。見頃は、平年で4月上旬から中旬。対岸の賀茂街道の染井吉野が散る頃に、この紅枝垂桜が満開になるそうである。
(撮影:2007年4月5日)

 
京都人の愛する散歩道

鴨川を南から上流へ遡っていくと、下鴨の南で賀茂川と高野川に別れます。その賀茂川の北大路橋と北山大橋の間、左岸(東側)堤防上にある散策路が、半木の路(なからぎのみち)です。

『半木(なからぎ)』とは、川の隣にあった流木神社の名前に由来しているそうですが、洪水で流されてしまったのをきらって「半」の字をあてるようになったとか。
この散策路の隣にある京都府立植物園内には、「半木の森」と呼ばれる山城平野の植生をとどめる自然林があり、その中ほどに半木神社があります。

この堤防上に、京都鴨川ライオンズクラブの手によって1972年〜1976年の間に紅枝垂桜(べにしだれざくら)が植樹されました。その後も整備・保護が続けられ、半木の路は絶好の散歩コースとして地元の人々に愛される散策路となったそうです。桜の見頃の時期にはライトアップもされ、ますます人気のスポットとなっています。

隣に京都府立植物園の林が控えていることもあり、春だけでなく夏の深緑、秋の紅葉と四季それぞれの散策が楽しめます。河川敷に降りれば、賀茂川の川岸に咲く草花や、集まってくる鳥たちの姿も眺められ、手軽に行ける散策路としてお勧めです。

<所在地>
京都市左京区下鴨半木町
※散策自由

<交通>
[散策路北基点]
市営地下鉄北山駅より徒歩約10分。
市営バス北山橋東詰バス停から徒歩約2分。

[散策路南基点]
市営地下鉄北大路駅より徒歩約10分。
市営バス植物園前バス停から徒歩約3分。


 
半木の道から望む賀茂川
 
  半木の道から下流に向いて望む賀茂川。
川の対岸側は、鴨川公園となっており、普段から地元の人々や学生達がくつろいでいる。
(撮影:2007年4月5日)

 
 
賀茂川で餌を探すサギ
 
  賀茂川で餌を探すサギ。
カモ・サギ・ミヤコドリ(ユリカモメ)など賀茂川には鳥類が多く集まってくる。河川敷でくつろぎながらバードウォッチングも楽しんでみては?

 
 
半木の道(なからぎのみち)
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2005-2009 Office Creates All Rights Reserved.