京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

須佐之男尊神社 [通称] 関目神社(せきめじんじゃ)

関目神社正門

関目神社正門。
境内の右側の建物は氏子会館で、祭りに使用するだんじりが保管されている。




関目神社本殿

正面から見た関目神社本殿。
須佐之男尊をご祭神とする流れ造りの社。昭和五十二年に再建された。




毘沙門天王社

正面から見た毘沙門天王社。
ご祭神は毘沙門天王。昭和六十年に再建された。




「関目発祥之地」の碑

「関目発祥之地」の碑。
神社南側の正門から入れば、左側(西側)にこの碑を見つけることができる。




「明治天皇御駐輦之趾」の碑

本殿裏にある「明治天皇御駐輦之趾」の碑
境内の外からはこの碑がよく見えるが、本殿横を通り抜けた奥にこの石碑がある。

 
関目発祥の地
大阪の鬼門鎮護の社

日本の歴史上では、新しい都を開いた際には鬼門の場所に鎮護の神社や寺社が建てられています。京都平安京には比叡山延暦寺、江戸には上野寛永寺が建てられたことを知っている方も多いでしょう。それでは、豊臣秀吉が大阪に都を置いた際にはどこに鬼門の治めを置いたのか? それがここ関目神社でした。

大阪城築城の際に、現在の古市森小路からこの関目の地にかけての道路(1kmあまり)を特に屈折させて、敵が攻めてきた時に進軍を防ぎ、敵軍兵数を察知するのに便利なようにしました。これは俗に「七曲り」といわれています。
これと同時に大阪の北の護りとして武神である須佐之男尊を祀り、大阪の鬼門に当るので、鬼門鎮護の神として毘沙門天王を勧請して小さな社を建立しました。これがこの神社の由緒だと伝えられています。「関目神社」というのは通称で、由緒からもわかるように正式名称は、「須佐之男尊神社」です。

社殿は生徳年間(1712〜13年)の台風による被災や明治十八年の大水害により流出するなどしましたが、明治二十一年に復興しました。現在の本殿は、昭和五十二年に再建されたもの。また毘沙門天王社は昭和六十年に再建されたものです。

この神社の境内には、「関目発祥之地」の石碑があります。現在の野江・関目を中心とした一帯は、平安時代以降は榎並荘と呼ばれていましたが、そのころからこの地は「関目」と呼ばれていました。この地に見張り所(目で見る関所)があったことから生まれた名だといわれています。



<年間行事>
一月十五日・・・・・・・・・・・・・・どんど祭り
二月三日・・・・・・・・・・・・・・・・節分祭(厄除け)
四月二十二日・・・・・・・・・・・・春祭り
七月二十一、二十二日・・・・・夏祭り
十月二十一、二十二日・・・・・秋祭り
十一月十五日・・・・・・・・・・・・七五三参り
十二月三十一日・・・・・・・・・・大晦日
毎月一、十五、二十二日・・・月次祭



<所在地・問い合わせ先>
関目神社(正式名称:須佐之男尊神社)
〒536-0007 大阪市城東区成育5-15-20
TEL:06-6931-6844
FAX:06-6931-8874

<交通>
大阪市営地下鉄谷町線 関目高殿駅より徒歩約3分。
京阪電鉄 関目駅より徒歩約5分。

<拝観料>
境内拝観自由





 
節分祭の夜の厄除け神事で浪速神楽を舞う巫女さん
 
 
節分祭の夜の厄除け神事で浪速神楽を舞う巫女さん。
節分祭の夜や七五三参りなど、神事の際には巫女さんが踊る御神楽が見学できる。
神社のお話では、今後巫女さんが参加する行事が増える予定とのこと。
 
 


須佐之男尊神社(関目神社)
 




このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2006-2009 Office Creates All Rights Reserved.