京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

楠根川跡緑陰歩道  (くすねがわあとりょくいんほどう)

南東側から見た「楠根川跡緑陰歩道」の西側基点

南東側から見た「楠根川跡緑陰歩道」の西側基点。
新喜多大橋方面からは、スーパーマーケットの横を通り抜ければ、この涼しげな場所にたどり着く。




『水上テラス』付近

『水上テラス』付近。
写真左側の石塔の上からも水が流れ出てくる。




『よどみの広場』付近

『よどみの広場』付近。
岩石の上から流れ出る水しぶきが、涼感をより増している。




『よどみの広場』から『たまりの広場』への途中、散策路の様子

『よどみの広場』から『たまりの広場』への途中、南東側から散策路を見た様子。
小川に沿って木陰の散策路が続く。




新喜多大橋付近から見た寝屋川の風景

新喜多大橋付近から見た寝屋川の風景(東側を望む)。遠くには生駒連山が見える。
かつて、楠根川はこの寝屋川に注いでいた。また、古来この寝屋川は、船による交通・物流の動脈だった。




 
都会の中のせせらぎ
緑が美しい遊歩道

奈良県から大阪府へと西流する大和川は、現在は大阪湾に直接流れ込んでいますが、その昔は、中河内地方からいくつかの本流・支流に分かれて北方向へと流れる川でした。江戸時代に大和川の付け替えが行われ、現在のように堺方面へとそのまま西流するようになったのです。

付け替えが行われる前の旧大和川の本流の一つだった川が、楠根川です。
楠根川は、旧大和川支流の玉串川から分かれたあと、再び玉串川と合流し、さらに長瀬川を合流して、寝屋川へと注いでいました。

昭和44年(1969年)、第2寝屋川の開削によってこの楠根川は埋め立てられ、跡地は道路や公園になりました。
その中の、下流域であった新喜多大橋南詰から布屋公園の間は、昭和63年(1988年)に「楠根川跡緑陰歩道」として整備され、都会の中の憩いの場所として親しまれています。

この「楠根川跡緑陰歩道」の中を流れる小川は、工業用水を水源として造られた人工的な流れですが、両岸には木々が生い茂り、岸辺に配置された植栽が、遊歩道を緑豊かに彩っています。また、いくつかの吐水口がありますが、一つ一つは単なる水の出口、という形状ではなく、噴水のように湧き上がるように出るもの、滝のように流れ落ちるものなどがあり、それぞれに風情をかもし出しています。

小川は、「せせらぎ」といった程度の深さなので、夏には子供達の絶好の水遊び場になっています。また、木陰の下、せせらぎを眺めながらのんびりと涼をとるのにも、絶好の休憩場所があります。

実は、往時の楠根川と現在のこの小川は、流れが全く逆向きです。「楠根川跡緑陰歩道」すぐそばの、新喜多大橋の上に立って寝屋川の流れを眺めれば、それとも逆向きだということが解ります。

<所在地>
大阪市城東区新喜多東1丁目

<交通(西側基点まで)>
大阪市営地下鉄 蒲生4丁目駅より徒歩5〜8分
JR学研都市線 鴫野駅より徒歩5〜8分
大阪市営バス 新喜多東バス停より徒歩スグ
大阪市営バス 新喜多大橋バス停より徒歩2〜3分
大阪市営バス 鴫野バス停より徒歩5分弱

<料金>
散策自由



  「楠根川跡緑陰歩道」案内図  
 
「楠根川跡緑陰歩道」案内図

 
 
「楠根川跡緑陰歩道」地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2006-2009 Office Creates All Rights Reserved.