京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

五月山動物園

「五月山動物園」正門

五月山動物園正門。
五月山公園総合案内所のすぐそばに、この正門がある。この正門右横には、『もみじ大橋』と呼ばれる橋があり、五月山公園内の「緑楓台」へと遊歩道が続いている。




池田市のシンボル『ウォンバット』

池田市のシンボル『ウォンバット』。
正確には、『ヒメウォンバット』(学名:Vombatus ursinus、英名:Naked-nosed Wonbat)で、写真は、オスの『ワイン』くんがお昼寝の合間に振り向いてくれた様子。
五月山動物園には、他に『ワイン』くんのパートナー『ワンダー』ちゃん(メス)と、この2匹の子である『サツキ』ちゃん(メス)、『サクラ』ちゃん(メス)の計4匹がいる(『サツキ』ちゃんは、日本で初めて繁殖に成功したウォンバット)。




メンヨウ(家畜ヒツジ)の親子

メンヨウ(家畜ヒツジ)の親子。
左の仔ヒツジは、平成18年3月10日にこの動物園で生まれた。この写真撮影時は、生後1ヶ月弱。母(ミズヨ)の後を付いて回る姿がほほえましい。




アライグマが巣穴から外をうかがう様子

アライグマが巣穴から外をうかがう様子。
この写真を撮る直前まで忙しそうに動き回っていたが、お昼寝の時間になったのか木の巣穴に入り込んでしまった。そして、じっと外をうかがっていたところを撮影したもの。




『ふれあい動物園』の場所

『ふれあい動物園』の場所。
ここでは、カイウサギ、モルモット、マーラ、ニワトリなどの小動物と直接ふれ合うことができる。飼育担当係員の注意を良く守ってのご利用を。
なお、『マーラ』は、ウサギを大きくしたような姿だが、モルモットなどと同じテンジクネズミ科の動物。

 
動物との直接のふれあいが大人気
日本最小規模の動物園

身近な自然とふれ合うのに最適な「五月山公園」。その一角に「五月山動物園」があります。昭和32年に、宮城県・金華山よりホンシュウジカを移入し、飼育したのがこの動物園の始まりで、以来、少しづつ飼育する動物たちを増やしています。

日本動物園水族館協会に加盟する動物園としては、日本一小さい動物園ですが、地元池田市民だけでなく広く近隣の方々に愛されています。人気の理由の一つは、オーストラリア原産のかわいい動物たちがいることです。

この動物園を管理している大阪府池田市が、オーストラリア・タスマニア州・ローンセストン市と姉妹都市の提携を結んだことを記念して昭和42年に寄贈された、ベネットアカクビワラビー(中型のカンガルー)、そして提携25周年記念として平成2年に寄贈されたヒメウォンバット(コアラの近縁種)は、特に人気を集めています。
平成15年には、閉園した宝塚動植物園から、同じくオーストラリア原産のエミュー(空を飛べない鳥類として有名)が加わり、ますます人気が高まっています。

規模が小さいのに人気が高いのは、もう一つ大きな理由があります。平成12年に園内に開設した『ふれあい動物園』があることです。
この『ふれあい動物園』には、カイウサギ、モルモット、マーラ(南米原産のテンジクネズミ科の動物)、ニワトリ(ナゴヤコーチンとウコッケイ)がいて、直接さわることができます。飼育担当係員のスタッフがいて、ふれあい方を教えてくれたり見守ってくれていますので、お子さんでも安心してさわることができます。
人に馴れたおとなしい動物たちばかりですが、中には臆病なものもいますので、ダッコが禁止のものもいます。係員の注意を良く守って利用するようにして下さい。

他にも、メンヨウ(家畜ヒツジ)、アライグマ、アカゲザル、カニクイザルなどが出迎えてくれます。この動物園では、他地域の動物園との協力で繁殖にも力を入れていますので、仔ヒツジや仔カンガルーなど、今年(平成18年)生まれたばかりのものもいて、かわいらしい姿を披露しています。

「五月山動物園」では、毎月1日に『さつきやまZOO Infomation』を発行して、現在の当動物園の動物たちの情報や、世界や日本の動物・生態系についての情報を伝えています。動物園内(ホンシュウジカコーナーの道向かい北側あたりなど)で無料配布していますので、動物についての正しい知識を身につけるためにも利用してみてはいかがでしょう。「五月山公園総合案内所」内の売店で売られている『五月山ZOOガイドブック』(\100、税込)にも、平成16年までの『さつきやまZOO Infomation』が抜粋して掲載されています。

各動物たちのいる場所については、下の「五月山動物園」案内図(平成18年4月現在)をご覧下さい。


<所在地・問い合わせ先>
池田市立五月山動物園
〒563-0051 大阪府池田市綾羽2-5-33
TEL:072-752-7082(連絡先:緑のセンター)
FAX:072-752-7401(連絡先:緑のセンター)

<開園時間・休日>
9:15〜16:45
(ふれあい動物園:11:00〜15:00、途中1時間の休憩あり)
火曜休み(火曜が祝日の場合は翌日)

<入園料>
無料

<交通>
阪急電鉄池田駅より徒歩約15分、「五月山公園・大広寺」バス停より徒歩3分


池田市観光協会「五月山動物園」紹介ページ


  「五月山動物園」案内図  
 
「五月山動物園」案内図

 
 
「五月山動物園」地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2006-2009 Office Creates All Rights Reserved.