京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

下鴨神社    [正式名称]  賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

鮮やかな朱塗りの「楼門」

鮮やかな朱塗りの「楼門」。
「楼門」の向こうに見えるのが「舞殿」。そのさらに奥にある「中門」内側が下賀茂神社のご神域の中心となる。
本殿には東殿と西殿があり、どちらも建築様式は「流造(ながれづくり)」。全国の神社の様式としては最も多い様式だが、そのはじまりの形をそのまま伝えたものとなっている。




「井上社」と「御手洗池(みたらしのいけ)」

「井上社」と「御手洗池(みたらしのいけ)」。
この池の南庭でお祭りの際の御祓いが行われ、葵祭に先立って斎王代がみそぎをされる場所でもある。また、この池に湧くあぶくを人の形にかたちどったものが「みたらし団子」で、ここが発祥の地と伝えられている。
この池から流れ出た川が「御手洗川」と呼ばれ、下流では「奈良の小川」「瀬見の小川」ともいわれて、糺の森の中を流れていく。




「御手洗池」から「楼門」方面を望む

「御手洗池」から「楼門」方面を望む。
中央奥に見えるのが「楼門」で、正面の反り橋が「輪橋(わばし)」。この橋の右側たもとには、尾形光琳が国宝「紅白梅図屏風」に描いた梅、『光琳の梅』がある。




「大炊殿(おおいどの)」の西側にある「御車舎(おくるまや)」に展示されていた十二単衣

「大炊殿(おおいどの)」の西側にある「御車舎(おくるまや)」に展示されていた十二単衣(2006年4月中旬の展示内容)。
重要文化財「大炊殿」は、現在は旧跡となっている賀茂斎院御所の宮域の社殿で、御供えものを調理する場所(主にご飯やお餅などの穀類を調理していた)。
特別拝観(一人:\500/15名以上の団体は\450)を申し込むと、この「大炊殿」で平安時代の斎院の台所の様子が見学できる他、御車舎で時期ごとに替わる展示物を拝観することができ、摂社の河合神社にある『鴨長明の「方丈の庵」』見学も行える。

他にも予約が必要な特別拝観として、十二単衣の着付けを行う過程と古式ゆかしい王朝の舞を見学できる『十二単衣の着付と王朝舞』『神服殿(重要文化財)開けずの間と「玉座」』もある(詳細は下鴨神社公式ホームページ「特別拝観」紹介ページをご覧下さい)。




「連理の榊(れんりのさかき)」(左)と「相生社」(右)

「連理の榊(れんりのさかき)」(左)と「相生社」(右)。
「相生社」は、(男女の間に限らず)縁結びの神様として古代より信仰が篤い。この神様の御神威によって2本の木が途中から1本に結ばれたものと伝えられているのが、左側の「連理の榊」。謡曲にもうたわれるなど、京の七不思議として古くから有名である。この木が枯れると、糺の森のどこかに跡継ぎが出来るとの言い伝えがあり、現在の御神木も4代目にあたる。

 
伝え続ける神事と王朝文化
自然の中にある世界文化遺産

京都は、鴨川を中心に町づくりがなされているといわれますが、その下流に祀られているお社のため「下鴨さん」と親しく呼ばれているこの神社、正式には、「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といいます。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)」とともに賀茂両社として、古代よりこの京都の地で崇拝されてきました。先年、境内の「糺の森(ただすのもり)」周辺の発掘調査が行われた際には、弥生時代の住居跡や土器がたくさん発掘され、相当古い年代から存在していたことが裏付けられました。

下鴨神社には、二つの本殿(東殿と西殿、ともに国宝)があります。上賀茂神社の御祭神は『賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)』ですが、その神をお生みになった『賀茂玉依媛命(かもたまよりひめのみこと)』を東殿に、賀茂玉依媛命の父であり古代の京都をひらかれた神『賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)』を西殿にお祀りしています。正式名称に『御祖(みおや)』とあるのは、そのためです。

平安京遷都にあたって、造営の成功祈願が行われて以来、国民の平安をご祈願する神社と定められ、平安時代には、国と京都の守り神として、また皇室の守護神として特別の信仰を受けるようになります。現在においても、国家国民の安泰と世界平和をご祈願する守護神であるとともに、厄除、縁結、安産、子育、交通安全など人々の暮らしを守る神様として篤い信仰を集めています。

上賀茂神社では神山(こうやま)が神聖な山となっていますが、下鴨神社では、比叡山山麓の八瀬にある御蔭山(みかげやま)が神聖な山となっています。毎年5月12日に行われる「御蔭祭(みかげまつり)」は、その山から神霊を下賀茂神社へ迎える神事です。古代より鴨氏が伝えてきた信仰を基としたこの祭は、我が国最古の神幸列として、往古の信仰形態を今に伝える大変貴重なものとなっています。

他にも、「流鏑馬神事(やぶさめしんじ)」(5月3日)や「葵祭(あおいまつり)」(5月15日)が祭としてあまりにも有名です(葵祭やその神事に重要な役割り果たす斎王に関しては上賀茂神社紹介ページをご覧下さい)。他にも、1月4日の「けまり初め」、土用の丑の日の「御手洗祭(足つけ神事)」(平成18年度は7月20日〜23日)、仲秋の名月の日の「名月管弦祭」など、年中様々な祭・行事が行われています。

境内にはたくさんの摂社・末社があり、それぞれに篤く信仰されています。その中の河合神社は、鴨長明(かものちょうめい)ゆかりの神社で、彼が各地を移動する際にすみかとして仕立てた「方丈」を学術的に調査・考証した復元を展示し、あわせて関係資料も展示しています(有料)。

下鴨神社の境内は約36,000坪あり、「糺の森(ただすのもり)」と呼ばれます。全体が国の史跡に指定され、数々の社殿群とともに世界文化遺産にも登録されています。特に南側に大きく広がっている森は、古代の山城原野の名残をとどめる自然遺産でもあります。

早春には、梅・ヤブツバキ、春は楼門前の山桜をはじめとする桜、初夏のツツジや新緑、6月には葵・カリン・あじさい、そして落葉樹の森である糺の森は秋の紅葉がみごとです。また、冬に雪が降った際の朱色の楼門と白い雪の対比が絶景です。四季折々の情景を存分に楽しんでみて下さい。



<所在地・問合せ先>
賀茂御祖神社 社務所
〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010
FAX:075-781-4722

休日:無し

<特別拝観-大炊殿・御車舎・方丈の庵->
拝観時間:10:00〜15:30
初穂料: 一人:\500(15名以上の団体は一人:\450)

<特別拝観-十二単衣の着付と王朝舞、神服殿開けずの間と「玉座」->
※事前予約が必要です。初穂料や拝観内容の詳細は、下鴨神社公式ホームページ「特別拝観」紹介ページをご覧下さい。

<交通>
京阪電鉄/叡山電鉄 出町柳駅から徒歩8〜10分
市営バス下鴨神社前バス停/糺の森バス停から徒歩スグ

お祭りや行事、ご祈祷の内容、各種お守りの詳細については、
「下鴨神社」公式ホームページでご確認下さい。



 
「糺の森(ただすのもり)」の中を流れる泉川
 
  「糺の森(ただすのもり)」の中を流れる泉川。
町中にありながら、原生樹林の植生を残す「糺の森」の自然の中に、下鴨神社とその摂社・末社がある。

 
 
「下鴨神社」地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2006-2009 Office Creates All Rights Reserved.