京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

大田神社と大田の小径(こみち)

大田神社拝殿

大田神社拝殿。
拝殿奥には本殿があり、踊りの神様として有名な天鈿女命(あめのうずめのみこと)が祀られている。




大田の沢

「大田の沢」を、沢の東北方面から望む。
この沢池は、大田神社の入り口東側にあり、古代から野生の杜若(かきつばた)の咲く沢池として有名である。




「大田の径」散策路入り口付近の様子

「大田の径」散策路入り口付近の様子。
大田神社の西の道を背後の山に向かって進めば、散策路入り口に至る。散策路は未舗装の山道なので、足下にご注意を。




「大田の径」散策路途中からの市内の眺望

「大田の径」散策路途中からの市内の眺望。
散策路は、大田神社の背後の小山の尾根筋に続いているが、途中には、大きな岩が数個ある休憩場所がある。そこからは、京都市内が眺望できる。




「大田の径」散策路途中にある杉林

「大田の径」散策路途中にある杉林。
散策路途中には、京都北山らしい、杉林の風景が広がる。

 
古代からの名勝の地を散策

上賀茂地区を観光に訪れた際は、上賀茂神社とともにその社家(同神社の旧神官の家)が建ち並ぶ明神川沿いを散策・観光される方も多いことでしょう。そのまま少し足を延ばして、信号のある交差点(大田神社前交差点)から左手(北側)へ曲がり、山のほうに向かってみて下さい。すぐに大田神社にいたります。

この大田神社は上賀茂神社(賀茂別雷神社)の摂社で、踊りや芸能の神様として知られる『天鈿女命(あめのうずめのみこと)』が御祭神です。平安時代中期に編纂された延喜式にも載っている古社で、この付近の沼沢池を開墾して栄えた賀茂氏の崇敬を受けてきました。
境内は木々に覆われる中にあり、静かさとともにやさしい空気に包まれます。

神社入り口の東側には、「大田の沢」と呼ばれる沢池があり、古代より野生の杜若(かきつばた)が自生する場所として有名です(平安時代にはすでに名勝となっていたようです)。5月上旬より紫一色の花を咲き始め、下旬まで約2,000平方メートルの沢一面に咲きほこります。「大田の沢」は、深泥池同様に古代の京都がまだ湖であった頃の面影を残す泥炭地の一つとして、この杜若群落とともに昭和14年に国の天然記念物に指定されています。

この大田神社の背後の小山には、「大田の小径(おおたのこみち)」と呼ばれる散策路が続いています。神社の西側の道を山手に向かって歩いて行くと、その散策路入り口の標識に出会いますので、未舗装の道を山の中へと進みましょう。途中、小池方面へと続く道と分かれた後は、両側にロープが張られた道を進んで下さい。
散策路の途中には何カ所も標識がありますが、このロープが張られた道を歩いて行けば、迷うことなく散策できます。

小山の中の短い散策路にも関わらず、途中の景色は様々です。山吹の花咲く尾根道、市内が眺望できる休憩場所、そして京都北山らしい杉林の風景。
散策路を進んでいくと、やがて「岡本口」と呼ばれる東側の散策路出口にいたります。

「大田の小径」だけでなく、この大田神社の周辺は、静寂な雰囲気漂う邸宅や山荘など、風情ある道際の風景がみられます。のんびりと散策するのにお勧めの地域です。


<所在地>
大田神社
京都市北区上賀茂本山340

<問合せ先>
賀茂別雷神社 社務所
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339
TEL:075-781-0011(代)
FAX:075-702-6618

休日:無し

※「大田の沢」見学については、志納金箱あり

<交通>
市バス上賀茂神社前バス停から徒歩約10分

<大田神社の主な行事>
・毎月10日夜:月次祭(つきなみさい)
19:00〜(ただし、4・11月は10〜17時まで)

・4月10日:春祭
その年の豊作を祈念するお祭です。

・11月10日:秋祭
日中はご祈祷、御神楽受付。夕刻より火焚祭があり、終日境内では菊花展が開催されます。


お祭りや行事の詳細については、
「上賀茂神社」公式ホームページ内、祭典・行事ページでご確認下さい。



  「大田の小径とその周辺」案内図  
 
「大田の小径とその周辺」案内図

 
 
「大田神社と大田の小径」地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2007-2009 Office Creates All Rights Reserved.