京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

小寺池と筒井池

「小寺池」東側にある、池の周りの散策路への入り口

「小寺池」東側にある、池の周りの散策路への入り口。
静かな住宅街を通り抜けていくと、この入り口に到着する。




「小寺池」散策路東側より北方面を見た様子

「小寺池」散策路東側より北方面を見た様子。
池に突き出た水上デッキが池畔には何箇所かあり、集まってくる鴨やサギなどの鳥や、池の魚たちをゆっくりと眺められる(中央の大柳は、白鷺がよくとまっている場所)。
写真右上の木々の向こうには、小寺池図書館がある。




「小寺池」南側にある水上デッキより北東方面を望む

「小寺池」南側にある水上デッキより北東方面を望む。
池中央には噴水があり、それより南側の池半分ほどを覆うようにして、蓮が繁茂している。その花が咲く夏は、小寺池散策のお勧めの時期。




「小寺池」南東側にある『八幡神社』

「小寺池」南東側にある『八幡神社』。
昭和57年に再建された石鳥居の奥には、こじんまりとした境内に小さな祠がある。この祠の裏からは小寺池を一望できるので、バードウォッチングをするのにお勧めの場所。




西側池畔より眺めた「筒井池」

西側池畔より眺めた「筒井池」(別名「紅屋池」)。
こじんまりとした小池だが、池畔には遊歩道があり、池の東側には休憩できる東屋(あずまや)もある。
かつては何倍もの広さがある大きな池だったが、住宅建設などのために埋め立てられた。




 
酒造りの町の名残を残す
憩いの溜池

大阪府高槻市富田地区は、現在でも酒造会社が存在していますが、江戸時代には、造り酒屋でもあり豪商でもあった「紅屋」を中心とした酒造りの町として有名だったそうです。周辺では、酒米も含めた米作りが盛んで、その生産のためにたくさんの溜池が存在していました。

そんな、昔のこの地域の風情を残す場所として、付近の方に親しまれている「小寺池」と「筒井池」をご紹介します。

阪急電鉄富田駅の北東側踏み切りあたりから真っすぐ東へ伸びる道が有り、その道を少し歩くと右手(南側)に「小寺池図書館」が見えてきます。その向こうにある交差点を右(南)へ曲がり、道なりに住宅街を歩いていくと、やがて右手(東)に池が見えてきます。その池が「小寺池」です。
「小寺池図書館」の建物裏側のテラスからも小寺池は眺望できますが、池周辺の散策路を歩くには、上にご紹介した歩き方で入り口に辿り着けます。

まず目に入ってくるのは、池中央あたりにある大きな柳の木でしょう。柳の枝の間に白いものが見えるようなら、凝視してみて下さい。魚を目指してやってきた白鷺が、動かないでじっととまっている姿を見つけられます。サギたちの他にもカルガモなどの鴨たちやバンなど、野鳥が多数飛来してきますので、バードウォッチングが好きな方は飽きないことでしょう。カルガモやバンは、この池で子育てもしますから、運がよければヒナにも出会うかも。

花がお好きなら、夏に池畔を散策するのがお勧めです。小寺池の南側半分ほどは、蓮が繁茂しています。池南側の水上デッキへ開花の時期に立てば、蓮の花に囲まれて優雅な気分に浸ることができるでしょう。
散策路以外でも、池周辺は付近の方の協力で植栽が行われていて、可憐な花々に出会います。

もう一方の「筒井池」ですが、阪急電鉄富田駅の北東側踏み切りからは、南へ道なりに10分ほど歩けば、右手(西側)に見つけられます。こちらは、酒造りの町として繁栄していたころの姿に比べると、ずいぶん小さな池になってしまいました。

江戸時代の古地図によると、地域の中心となっていた豪商「紅屋」に隣接していたため、その庭池にもなっていたようです。そのため別名「紅屋池」と呼ばれています。
昭和40年代までは、ダイナミックで威厳ある本堂(高槻市の有形文化財)がある「本照寺」のすぐそばまで池が広がっていて、寺院が池に映る美しい姿を眺めることができたそうです。

現在の「筒井池」は小さな池ですが、往時の町の中心の名残として、また富田の美田を潤した溜池として、池とは少し離れたところにある「筒井池公園」とともに整備され、付近の人々の憩いの場所となっています。

なお、「筒井池」の西方にある三輪神社は、富田酒蔵元の守護神です。この付近には、見学のできる酒蔵元や、由緒ある寺院、庭園など、見どころに事欠きません。往時の町の繁栄を想い描きながら、散策・見学をされてみてはいかがでしょうか。

<所在地>
・[小寺池]
大阪府高槻市西五百住町1

・[筒井池]
大阪府高槻市富田5-18

<交通>
・[小寺池]
阪急電鉄 富田駅より徒歩3〜5分
JR 摂津富田駅より徒歩8〜10分
高槻市営バス 桜ヶ丘バス停より徒歩3分

・[筒井池]
阪急電鉄 富田駅より徒歩10分
JR 摂津富田駅より徒歩15分

<料金>
散策自由



 
「小寺池と筒井池」地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2006-2009 Office Creates All Rights Reserved.