京都大阪スポットガイドイメージ
トップページ スポット一覧 人物紹介 お店紹介 サイトマップ

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)[正式名称]等覚山 愛宕院
とうかくざん おたぎいん

仁王門

仁王門。
左右には、鎌倉初期に造られた仁王像が祀られている。この期のものとしては、京都市内で最も古く優れたものであることから、京都市指定文化財となっている。
門は、江戸中期のもの。昭和25年の台風での破損が大きかったため、昭和56年に解体復元修理を行っている。




石像千二百羅漢の一部

石像千二百羅漢の一部。
この写真は「羅漢堂」の北側にある石像群の一部。他にも「本堂」西側「多宝塔」周辺に、境内斜面も含めてたくさんの石像羅漢が安置されている。




ご本尊「千手観音像」が安置されている「本堂」

ご本尊「厄除千手観音像」が安置されている「本堂」(国指定重要文化財)。
鎌倉中期の再建によるもので、大正11年に堂宇の保存のため、この地に移築された。方五間、単層入母屋造り、本瓦葺の簡素な和様建築。内部の天井は、繊細な小組格天井でさらに本尊の位置を二重折り上げ格天井にするなど、他にみられない構造である。須弥壇の格狭間にも鎌倉様式の美しい曲線をとどめている。




ふれ愛観音

ふれ愛観音。
「ふれあい観音堂(絵馬堂)」に安置されている観音像。目の不自由な方でも心の目と手で仏様の心に触れることができるようにと造られた。目の見える人も不自由な人も自由に触れることができるため、触れることで心身の痛みを癒したり、願掛けをしに人々が訪れる。

※ 左右でふれ愛観音様に触れているのは、読者参加でいっしょに取材をした姫路市在住の吉本仁子さん(左)と神戸市在住の岸頌二郎さん(右)。




三宝の鐘

三宝の鐘。
この寺の釣鐘は三鐘。「仏」「法」「僧」の文字がそれぞれの鐘に刻まれていて、独特の妙音が響く。大晦日には一般参拝者の手によって除夜の鐘が鳴らされる。

 
心を和ませる石像千二百羅漢
厄除けで有名な古寺

全国各地に「愛宕神社」があるために、『愛宕』と書けば普通『あたご』と読みますが、ここ「愛宕念仏寺」は『おたぎ』と読みます。ご住職の話によれば、『愛宕』とは、もともと山城国愛宕郡(やましろのくにおたぎごおり)という地名とのこと。『おたぎ』という読み方が正当なのだそうです。

寺の起こりは、奈良時代にさかのぼります。称徳天皇(764〜770)の開基により、山城国愛宕郡に愛宕寺(おたぎでら)として、現在の京都東山の地(松原通り弓矢町)に建立されました。そして平安朝の初めには真言宗教王護国寺(東寺)に属していましたが、その頃に鴨川の洪水により堂宇が流失してしまいます。天台宗の僧「阿闍梨伝燈大法師千観内供(あじゃりでんとうだいほっしせんかんないぐ)」(918〜984)によって七堂伽藍の大寺として再建され、これより天台宗比叡山の末寺となり「等覚山 愛宕院」と号しました。

千観内供は中納言橘頼顕(たちばなよりあき)の子で、幼名は「千観丸」。両親は信仰の篤かった千手観音にあやかりこの名をつけました。また、『内供』とは、皇居に参内を許される僧位を指しています。12才で比叡山に登り運照(うんしょう)内供の弟子となり、顕密(けんみつ)の奥旨を修めました。生涯仏名を唱えて絶えることがなかったため「念仏上人」ともいわれたそうです。そのためこの寺も「愛宕念仏寺」と称するようになりました。

大正11年、堂宇の保全とあたご山との信仰的な関係から、3年をかけてこの地に移築され現在に至っています。

千観内供は再興の勅命を受けたとき、堂宇の建立に先立ち、まず本尊から造るべきだと考え、その本尊に女性33才の七難九厄といわれる大厄から守護してくれる法力を加えたいと、一刀三十三礼して千手観音を彫り上げたとされています。このご本尊は、今も厄除けの観音様として篤い信仰を集め、「厄除千手観音像」と呼ばれています。

地蔵堂には平安初期に造られた火除け地蔵菩薩座像が祀られています(火伏せの神として信仰されている「あたご山」の本地仏も地蔵菩薩)。また、子育ての守護神・鬼子母神「訶梨帝菩薩(かりていぼざつ)」像など、本堂にはご本尊の千手観音像のほかにも信仰を集める菩薩像が安置されています。

さて、現在の境内では一体一体ごとに個性のある表情豊かな羅漢の石像が、訪れる人の心を和ませます。これは、昭和56年に仁王門の解体復元修理を行った際に、寺門興隆を願って境内に羅漢の石像を充満させたいと発願したのが始まりだそうです。一体一体すべてが一般の参拝者自らの手によって彫られたもので、発願10年後には1,200体となり「千二百羅漢」と呼ぶようになりました(平成3年11月に「千二百羅漢落慶法要」が営まれた)。

前住職は、仏像彫刻家として有名な西村公朝さん。境内ではふれ愛観音や訶梨帝菩薩、石像お釈迦様などの石像や仏画が多数拝観できます。
また現在のご住職は布教活動の一環として作曲演奏活動を行っている西村公栄さん。恒例になった毎年4月第1日曜に催される「羅漢花祭り」での奉納演奏の他にも、寺内外で演奏活動をされています。ちなみに、毎年地蔵盆に付近で催される「愛宕古道街道灯し」で盆おどりが行われますが、その盆踊りの曲「嵯峨野径音頭(さがのみちおんど)」はご住職の作曲(作詞は瀬戸内寂聴さん)です。


<所在地・問合せ先>
愛宕念仏寺
〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
TEL/FAX:075-865-1231

休日:無し

<拝観時間>
8:00〜17:00

<拝観料>
\300 (10人以上の団体は、一割引)

<交通>
京都バス 愛宕寺前(おたぎでらまえ)バス停から徒歩スグ

行事やご祈祷、その他詳細については、
愛宕念仏寺」にお問合せ下さい。



 
「本堂」に安置されている、ご本尊「厄除千手観音像」
 
  「本堂」に安置されている、ご本尊「厄除千手観音像」。
平安時代から厄除けの観音様として篤く信仰されている。

 
  ※ 「愛宕念仏寺」 境内案内図はこちら  
 
「愛宕念仏寺」地図
 





このスポットを訪れた感想を投稿する


京都・大阪スポットガイド (C)Copyright 2008-2009 Office Creates All Rights Reserved.